• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

レーシックのデメリット

レーシックにはデメリットも数多く指摘されており、レーシックを施術している医師の中にも、眼鏡ないしコンタクトレンズを使い続けている医師は少なからずいます。
この視力回復手術は「本人がリスクを充分に考慮し、納得した上で」受けることが大前提であり、逆に患者の気持ちを下手に揺さぶるような眼科専門医ならすぐにほかの病院を探しましょう。
健康な状態にある角膜を薄く削って視力を回復するというのは、考えてみるととても贅沢な手術で、その分、デメリットを考慮して手術をやめることも積極的に考える必要があります。

レーシックは、角膜を削ることで角膜の知覚神経を切断し、ドライアイを引き起こします。また、角膜が薄くなる分、目の強度は弱くなるので、打撲など事故の際に眼球が破裂する危険性が高くなります。
近視に戻ってしまう可能性があることも忘れてはいけません。レーシックはあくまで視力回復手術であり、眼鏡を使用しないといけない程度にしか視力が戻らない可能性もあります。場合によっては片目だけ禁止になってしまうことも。また、夜になると瞳孔が変化するので、視力も下がり、夜間運転がむずかしくなったという報告もあります。
光を見たときに周りに光の輪が見える「はろ7」、光の橋がぎざぎざに見える「グレア」などがひどくなる可能性もあります。レーザーで施術をするクリニックであれば多少は安全かも。と言われることもありますが、根拠はなく、したがって確証はできません。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

レーシックとは何か

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引