• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

カウンセリングについて

レーシックを行っている医院のホームページを見ると、視力開腹手術の適応検査をした跡に、担当の医師と「レーシックのカウンセリングを受ける」という文章が目に入ります。医院によってはレーシックカウンセラーによるレーシックカウンセリング、を対外的に宣伝している所もありますが、最近カウンセリングという言葉は乱用されすぎているように思うので、「レーシックを受けるかどうかもう一度考えられる時間」というぐらいに考えておいたほうがいいでしょう。

視力回復手術前の事前検査で、角膜の厚さや、目の状態を考慮した視力回復手術の施術方法などはわかります。
ですが、たとえば角膜が薄い人でも受けられるエピレーシックは、施術後の3ヶ月〜半年の間は、日中の屋外でUVカットのサングラスをつけることが求められています。
これは従事している仕事の職種によってはとても苦しいはず。その他、やっぱり「健康な目を手術する」「うまく視力が戻らない可能性もある」ということが不安な人もいるでしょう。

良心的な病院というのは、患者の判断で手術をさせてくれる病院のことではないかと思います。
そのため、カウンセリングのときに担当の医師ないしレーシックカウンセラーから受けた印象は大切にしましょう。今、視力回復手術を扱っている眼科は急増しています。
治らないと思っていた近視が治る、という状況を「新規顧客層」と考える医院も少なくないでしょう。
レーシックで一番重要なのは病院選び、という意見も出ています。カウンセリングの時間に、「ここの病院で手術するかどうか」も考えましょう。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

手術の流れ

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引