• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

手術後の注意事項

視力回復手術の後は、視力回復手術でレーザーメスを入れられ、薄くめくれた皮が貼りついているような状態になっている角膜が、眼の中でゆっくりと癒着するまでの間、眼を守る必要があります。
手術後は、防護用のメガネ、あるいは防護用コンタクトレンズを装着して帰宅します。

防護用メガネはイントラレーシックやアイレーシックの施術を受けた場合、防護用コンタクトレンズは、エピレーシックやPRK(ピーアールケー)の手術を受けた場合に装着します。メガネは帰宅後のみですが、防護用コンタクトレンズは3日間ほど装着を義務付けられます。エピレーシックやPRKは術後に痛みを感じる施術なので、やこの作業はやや辛いかもしれません。 手術後は、極力目に触れないように生活することになります。特に、治癒に時間のかかるえぴれーシックやPRKの場合の施術後の注意事項を見ると、

  • 仕事は翌々日ぐらいから可能だが職種にもよるので医師と応相談
  • 本、パソコンは4日〜1週間は控える
  • 洗顔は防護用コンタクトレンズが外れてから、洗髪も翌々日ぐらいから(それまでは美容院などで顔が濡れないように洗ってもらう)

など、非常に事細かな注意が載っています。
こんな注意書きをみると、やはり「日帰りではあるが手術」なのだと感じないではいられないですね。
自宅療養の分、不便を感じることが多いだろうと思いますが、手術後に細心の注意を払わなくてはいけない治療ほど、感知した際により良い状態の目が手に入ります。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

手術の流れ

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引