• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

再手術について

レーシックを受けた後に視力が低下することがあります。
視力回復手術を受けてからも、定期的に眼科に通って検診をしなければならないのは、視力の低下がないかどうかを確認する必要があるからです。

角膜にレーザーを当てて屈折率を変化させ、視力を回復させるのがレーシックやPRKなどのやり方ですが、相当コンピューター制御されて精密な作業になっているとは言え、まだまだ必ずいい結果が出るとはかぎりません。
角膜の屈折率がうまく変わらなければ、もう一度施術を行う必要があります。

再手術をする可能性が十分にあることを示すかのように、品川近視クリニック、神奈川クリニック眼科は、三年以内の再手術を無料で行ってくれています。
いえ、もちろん、レーシックをやるクリニックの対応として非常に良心的。しかし、アフターケアの一部に再手術が入っているということも改めて確認しましょう。
一度の手術で臨んでいたような視力が手に入るとは限らないのです。

ただ、再手術は、事前のレーシック適性検査で角膜の厚さが再手術に足るだけあると判断された人しかできません。
再手術ができないほど角膜が薄い場合には、時間はかかるけど角膜の薄い人でも安心なエピレーシックなどを検討することができるので、その場合にはカウンセリングの際に、再手術になった場合はどうなるのかをきちんと確認しましょう。
レーシックで失明した事例は今のところありませんが、手術後は仕事も一時休む必要のあるレーシック、再手術となると諸々のリスクはどうしてもついてきます。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

手術の流れ

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引