• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

レーシック手術を受けられるかどうか

Q.片目だけのレーシック治療もできますか?

A.できます。しかも当たり前ですが治療費は半額です。
レーシックの治療で助かった人の話の中に、「片目だけコンタクトレンズを入れる生活から解放された」とう発言があり、レーシックが、極端に両目の視力差がある人にとても向いていることがわかっています。
そのままにしておくと視力のよくないほうの眼に引きずられてしまう可能性もあるので、早めに検診を受けてください。

Q.何歳でも治療は可能ですか?

A.レーシックの施術は18歳以上の、目が完全に成長期を脱した状態でないと受けられません。また、未成年の場合には保護者の同意が必要です。

Q.ドライアイですがレーシックはできますか?

A.軽度のドライアイはレーシックの手術でも起こりますので基本的には問題はないようですが、痛みを伴うような重度の症状を呈している場合には手術不可能と診断する場合もあります。

Q.花粉症ですがレーシックはできますか?

A.病気ではないので当然レーシックも問題なし、と思える人もいるかもしれませんが、実は施術後のケアに気を遣うのがレーシックの特徴でもあり、特に施術後1ヵ月間は目をこすったりしては絶対にだめ。
禁止期間が長い上に、何もつけていない状態で快適なことにすっかり慣れてしまうと特に心配。春先は避けたほうが無難だと個人的には思います。
なお、レーシックの手術後には花粉症の目薬をさすことができます。

Q.強度の近視でもレーシックを受けられますか?

A.強度近視患者(-6.00から-10.0D:※D=ディオプター)の患者の90パーセント以上が、1.0以上回復しています。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

よくある質問

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引