• レーシック
  • 視力回復手術レーシックの神奈川クリニック眼科

エピセリウムイングロース

レーシックの手術後のトラブルは、時に視力低下を引き起こします。
なんらかの原因で、黒目部分の冗費細胞がフラップの下に入り込んでしまい、混濁を生じるなどの症状を呈しながら視力低下が起こる合併症のことをエピセリウムイングロースといいます。
角膜冗費の細胞が、フラップの上で広がってしまい、角膜フラップを一度剥がして洗浄しないと自体は改善しません。

角膜上皮迷入、というのがエピセリウムイングロースの名前。
フラップの下に細胞が入り込んで成長した状態、というとなんだかとても痛そうですが、傷跡が開いたような状態のまま放置されて不自然にかさぶたができてしまった状態と考えるとわかりやすいかと思います。

レーシックの際に作成するフラップは、一度剥がして角膜にレーザー照射をした後、元に戻すのですが、さすがに、眼ですから、縫い合わせるわけにはいきません。
フラップ部分の皮膚を正確に傷口の上に戻し、自然に癒着させるしか方法がないので、レーシックの施術の時にフリーフラップになってしまうと、エピセリウムイングロースは起こりやすいのだとか。

レーシック手術のとき、「角膜の表面を薄く剥がして、めくれるようにした箇所」がフラップです。
フリーフラップとはフラップが、施術の段階で完全に切り離されてしまうこと。取れてしまったフラップを、医師は丸く開いた傷跡に正確にくっつけなければいけないので、どうしても、ずれる。
かさぶたができかかるときのように、角膜周辺が白濁化するのがエピセリウムイングロースの特徴です。

【CHECK!!】>> レーシックに興味をもった方はこちらがおすすめ

ページの先頭へ

レーシックの合併症

視力回復手術
視力回復手術レーシック

レーシック体験談
視力回復レーシック手術は、レーシック保険適応も可能

レーシック
近視矯正手術視力回復できるレーシック情報

レーシック名古屋レーシック大阪などで受けたい方に、レーシック遠方割引